英会話の必要性について考える

英会話の必要性について考える

多くの人が漠然と英語が出来たら良いなと考えているかもしれませんが、このグローバル社会でどれだけの必要性があるのかという事を考えてみた事はあるでしょうか。

例えば受験を控えた学生だったりした場合は試験で良い点数を取る為に勉強しなければならないと思っているかもしれませんが、いざ社会人として大人になってみると英語が話せなくても生活する上で困るような事は何もないと思っている人も沢山いるのではないかと思います。

しかし、今の日本の現状やこれからの事を考えてみた時に、日本の国際化の流れ意識せざるを得ません。

やはり今の時代は必然的に英会話のスキルが求められるような時代となっているんです。

今のこの時代で英会話が出来るようになるとどのような利点があるのか、または英会話が出来ない為に考えられるリスクについても考えてみます。

行動範囲が限られる

もちろん皆が皆海外旅行に行きたい人ばかりではないとは思いますが、海外旅行に限らず日本国内でも英語がスタンダードに使われる場面というのは非常に増えてきているように感じます。

もし何かそういう事で自分にとって有益な場に行くチャンスがあったとしても、英語が話せない事でそうした場に足を運ぶ事をためらってしまうというのは悲しい事です。

これからの時代ますますそういった場面が増えていくと思われるので、英語に自信がないままでいると、日本人でありながらも肩身の狭い思いをしてしまうかもしれません。

英会話というのはもはや日本国内においても必須なスキルであると言えるのではないでしょうか。

商品やサービスの説明が英語中心である

今では皆さんが手にしているものの輸入品で溢れかえっているような状況にあります。電子機器や家電製品なども海外製品の場合は簡単な説明は日本語で書かれている事が多いと思いますが、少し複雑な操作やサポートを受ける為には英語を身につける必要もあると言えます。

他にもネットショッピングなんかの場合は海外のサイトを利用する必要がある場合なんかもありますので、最低限の英語の知識というのは不可欠です。

日本製のものでも詳細なマニュアルなんかに関しては英語表記となっている場合もあり、もはや英語というのは日本においてもスタンダードな言語になりつつあります。

このまま自分には関係ないものと思っていると痛い目を見る日がくるかもしれません。

コミュニケーションが取りやすくなる

Piece of cakeの本来の目的とも言えるような部分ですが、英語を話せるようになれば外国の方とのコミュニケーションが取りやすくなります。

自分は日本人としか交流をもたないから関係ないと思っていても、今のこの日本の現状を見ていればもはやそうもいかなくなってきているというのは明白だと思います。

コンビニや飲食店で働く人も外国人が増えていると感じていませんか?

閉鎖的な発展を遂げてきた日本という国ですから、“郷に入っては郷に従え”という意識が強いのが日本人の特徴ではありますが、もはやそんな事も言ってられなくなってきているのかもしれません。

やはり英会話の習得はこれからの時代、必須といえるのではないでしょうか。

TOPページを見る