効果抜群!セイン先生のPiece of cake(ピースオブケーク)で英会話が身につく!

普段日本で生活をしている中で英語が必要だと感じる場面は多いですか?

グローバル時代と言われているけれども、そんなに英語が必要だと感じないと思っている人もいるかもしれません、その反面で、英語はやっぱり必要なものだと感じている人も多くいるかもしれません。

今の時代は、自動翻訳やAIも進化しており、日本人が英語を身につける必要が無いんじゃないかと思っている人もいるかもしれません。

しかし、英語によるコミュニケーションが必要となる未来は必ず訪れます。

というよりも、既にそういう社会になっているのは間違いありません。

日本は独特な形で発展をしてきた国です。少し前までは先進国として多くの国から注目されていたのは間違いありませんが、今の日本は他国から遅れをとっている状況にあるという事は皆さんも薄々気づいているのではないかと思います。

日本人はこの事に危機感を覚えなければいけません、このままでは世界から取り残され、日本人はより多くの苦労を強いられる事になります。

そういった未来を危惧した多くの日本企業は、英語や英会話というのもを日常的に用いるようにし、グローバル化を本格的に推進していく事になるのは間違いありません。

そうした時代が到来するにも関わらず「英語なんて必要ない」なんていう考え方でいると、あっという間に日本社会からも取り残される結果になってしまいます。

では、社会から取り残されないようにするためにはどうすれば良いのか、その為にはやはり英語を身につける事は必須です。

どうやって英語を日常的に取り入れるのか、英会話のコミュニケーションを円滑にするのかという事は気になる所だと思います。

そこで私は皆さんに有益な情報をお伝えしたいと思っておりますので、この記事ではこれからより現実的なものとなってくるグローバル化社会の為に必要な事をご紹介させて頂きます。

英語や英会話が必要な時代とは

英語や英会話が必要な時代とは

グローバル化によってこれからの時代に、英語や英会話という事が必要になるという事を漠然と説明されたとしても、実際にはどういう理由で、どういった時代になっていくのかという事がわからなければ、その必要性について理解出来ないかもしれません。

まずは皆さんに、これから英語や英会話というものがどのように必要となってくるのか、どういう時代になるのかという事をご説明させて頂きますので、まずは英語や英会話がどうして必要なのかという事についての理解を深めて頂ければと思います。

海外進出する企業の増加

先ほどもご説明したように、日本が先進国として世界の先頭に並んでいたというのは過去の事です。

そうした背景から、日本ではグローバル化を理由に海外進出する企業というのが増加している傾向にあります。

さらに言えば、企業が海外に進出する目的も少しずつ変化してきており、日本企業が海外にする国は中国がもっとも多く、アメリカ、インド、タイ、インドネシアと多岐にわたります。

以前までは、安い土地や労働力を得る為の【生産市場】を求めて海外に進出するという企業が大多数でしたが、近年では、アジアを中心とした新興国を新たな【消費市場】と位置づけ、成長を続ける新興国を顧客として取り込みたいという拝見があります。

インターネットや流通システムの経ってんにともなって、海外進出のハードルが低くなりつつあるこの時代に、海外に活路を見出す企業はさらに増加していくという事が予想されます。

リモートワークの一般化

一昔前まではリモートワークなんて名前も知らないというような人が多かった事だと思います。

しかし、新型コロナの影響などもあって、リモートワークというのは既に一般社会には必要不可欠なものとして根付くようになりました。

リモートワークの利点としては居住地を問わず、英語圏の企業とも働きやすくなったという事が挙げられますし、よりIT関連の事業が増加するなかにおいて、現場での作業ではなく、プログラミングというようなリモートワークに適した作業が求められるような時代になっているために、今後益々リモートワークというのは必要性を高めていく事となります。

日本に拠点を構えながら、海外のさまざまな案件を受ける事が可能となるリモートワークにおいて、やはり英語や英会話というものの必要性が高まるという事は間違いのない事だと思います。

こうした背景からも、英語や英会話というものがどれだけ必要になってくるのかという事が皆さんにも理解して頂ける事かと思います。

情報量の質や量の違い

英語を理解出来るようになる事、英語圏の企業とコミュニケーションがとれるようになる事によって、得られる情報の量や質が段違いに向上していきます。

実際に英語を話す機会がなかったとしても、世界情勢や金融情報をリアルタイムに把握していく為、最新の研究論文を読んだりするためには英語力というのは欠かす事が出来ません。

インターネット上にある様々な情報の大多数は英語で書かれています、コミュニケーションのツールとしてだけではなく、英語というのは情報収集のためにも非常に大切なものとなっているのです。

もちろんリアルに人と人とのコミュニケーションで得られる情報量というのは段違いです。

そうした事情からも英語や英会話というものがどれだけ必要とされるのかという事がわかって頂けるのではないでしょうか。

英語が苦手な日本人

英語が苦手な日本人

日本という国は決して学力の低い国というわけではありません。

しかし、日本人の英語力というのは世界的にみても決して高いものではありません。

事実として、日本を訪れた外国人は、日本では英語が通じなくて困ったという意見もあります。

ではどうして日本ではこんなにも英語に対しての苦手意識があるのか、その事について皆さまにお伝えしていこうと思います。

英語と日本語では仕組みが違う

当たり前ですが、まず英語と日本語では使っている文字が違いますよね、英語はアルファベット、日本語ではひらがな、カタカナ、漢字などの文字が使われます。

そもそも日本人にはアルファベットに馴染みがないという事が英語に対しての苦手意識を抱かせる要因の一つになっていると思います。

その他にも、英語と日本語では語順が違います、英語の場合は「誰が~する~何を」という順番になりますが、日本語の場合は「誰が~何を~する」という順番になっています。

英語の場合は5文型という文法ルールがあり、日本人が英語に慣れる為にはまず基本的な語順を知っておく必要というのもあります。

日本語と英語は発音が違う

日本語と英語では発音に大きな違いがあります。どんなに正しい文法や文章で話したとしても、発音が悪いと相手に伝わらないという事があります。

英語の発音をマスターする為には、唇の形や舌の位置を意識しなければいけません。これは日本語には無い種類の発音なので、練習をしなければ身につける事の出来ないものなのです。

さらに、発音とリスニングには密接な関係にあり、正しい発音と英語独特のリズムで発音をすることはネイティブの素早い英語でも聞き取れる事に繋がります。

発音の仕組みについても習う機会の少ない日本人だから発音もリスニングもなかなか上達せずに英語に対しての苦手意識を持ってしまうのは仕方のない事なのかもしれません。

学校教育の失敗?英語の苦手意識を高める

日本の学校教育では英語は主に、「文法」「英単語」「読解」というように、読み書きに重きが向けられています。

センター試験などでは「リスニング」が追加されてはいますが、「スピーキング」の項目はないので、実用的な英会話の為にはまだまだ学校教育の英語学習ではコミュニケーションをとる為には必要な事を学ぶ事が出来ないというのも実情です。

英語の知識は沢山もっているという人でも「スピーキング練習」が足りていない為に、英語が話せないという人が多いというのは日本人の特徴とも言えるかもしれません。

アウトプットする練習の場所を設ける事も英語をマスターする為には必要な事だと言えます。

そもそも英語が必要ない

日本では英語の必要性というモノがそもそも高くないというのも日本人が英語を苦手とする理由の一旦だと思います。

日本は英語が話せなくても経済が成り立っています。それは日本が島国であり、国と国との隣接がなく、経済的にも豊かな状況にあった為に日本人は英語を必要とされる場面が他国と比べて圧倒的に少ないというのが英語を苦手とする理由となります。

経済的に豊かである事はもちろん良い事ではありますが、その事がこれからのグローバル社会には弊害になってしまっているという事も事実なのかもしれません。

Piece of cakeで英語が身につく?

Piece of cakeで英語が身につく?

英語を学ぶ事の必要性や、日本人がどうして英語が苦手なのかという事に関してお伝えさせて頂きましたが、それでは解決には結び付きませんよね。

ここからは、どのようにすれば英語を身につける事が出来るのか、という事についてお伝えしていきたいと思います。

もちろん英語を学習する方法というのは沢山ありますが、まず何よりも、“苦手意識を無くす”という事が英語を身につける為には最も必要な事だと思います。

その為には英語を身近に感じる事、英語に慣れ親しむ事というのが絶対的に必要な事だと言えます。

そこで私が皆さんにオススメしたいと思っているのが【Piece of cake】という英語学習サービスです。

この【Piece of cake】というものがどういう英語学習をしていくのかという事について皆さんにお伝えしていきたいと思っていますので、是非お読み頂けますと幸いです。

覚えるのは6つの会話パターンだけ

【Piece of cake】で身につけるのは6つの会話パターンです。

たったそれだけで英会話が身につくのかと疑問に思われるかもしれませんが、これは日本人が英語を苦手と感じている部分をクリアしていく為に必要な簡単なステップとなっていて、騙されたと思って覚えるだけで、嘘みたいに英語を身につける事が出来るようになります。

その6つの会話パターンというのは以下のようなものになります。

≪パターン1≫質問に回答する

≪パターン2≫質問する

≪パターン3≫会話を広げる

≪パターン4≫許可をとる

≪パターン5≫意思を伝える

≪パターン6≫将来について話す

これだけだと一体どういう事なのかと疑問に思われるかもしれませんが、この6つの会話パターンには日本人が英語を話す、英語でコミュニケーションをとる為には必要なものになっているんです。

オンラインでの学習法だから時間や場所を気にしなくてOK

私は普段、仕事をしているのでなかなかまとまった勉強の時間をとるのは難しいという現状にあります。

基本的に平日は毎日朝から晩まで働いていますし、休みの日を使って英会話スクールなんかに通うという事になるとそれを継続する自信がないというのが正直なところです。

こうした悩みというのは社会人の方で英語を学びたいと思っている人は多く人が抱える悩みだと思います。

もちろん会社勤めの人じゃなくても、一般的な主婦の方の場合なんかも家事や子育てに追われてなかなか自分のやりたい事をやる時間を確保するという事は難しい事でしょうし、思うように自分の時間を作れないという人は多いと思います。

そうした人にとっても強い味方となってくれるのが「Piece of cake」です。

オンライン学習という形式をとっているので、自宅での学習ももちろん可能ですし、スマホさえあればどこにいても学習が可能です。

手軽にいつでもどこでも英会話の学習をする事が出来るというのはPiece of cakeの特徴の一つです。

伝わる英会話力が身につけられる

「Piece of cake」は文法や英単語という事ではなく、6つの会話パターンを利用して、実際にコミュニケーションが出来る英語を学ぶ事が出来ます。

日本人で英語を得意としている人でも、無駄に難しい表現をしていたり、実際に外国人と英語でコミュニケーションをとろうと思うと思うように喋る事が出来なかったり、感情を伝える事が出来ないという人も多くいます。

実は、実際にネイティブの方と会話をする上では理論として学ぶ文法なんかははっきり言って必要のないものなんです。

もちろん全く必要ないかと言われればそんな事はありませんが、複雑な文法や無数の英単語を覚えるという事は英会話力を上げる為には正直遠回りな事であって、非常に効率の悪いやり方だと言えます。

私の知り合いで英語が得意な人がいるのですが、Piece of cakeで英会話を学んでからその人と英語で話した時に私が感じてしまったのは「なんかわかりにくい表現で話をするなぁ・・・。」という事。

実際ネイティブの人と英語で会話する時にはそうしたストレスは感じないのですが、きっと外国人の方が日本人と話してるとこういう風に感じているんだろうなあと思ってしまいました。

堅苦しい英語ではなくてもっと実際に使える英会話のためのスキルを習得する事が出来るのがPiece of cakeの特徴なんだと思います。

中学英語でOK

これから英会話を身につけたいと思った時に不安に思ってしまう事として、今の自分の英語力というものがあると思います。

さすがに「Hello」とか「Thank you」もわからないっていうようなレベルじゃ話にならないと思いますが、それくらいの事は皆さんわかりますよね?

とは言っても、私の場合は高校生レベルの英語を求められると全くわからなかったというのが正直な所です。

学校での成績もあまり良くなかった私が、今では英会話をする上では何も不自由を感じる事がありませんし、その辺の人よりは上手に英語での会話が出来ていると思えています。

同じようなスタートラインにいる人は沢山いると思いますが、いざPiece of cakeを始めてみれば、そのスタートラインからでも十分に英語力を向上させることが出来ます。

これまでの英語力を問わずに誰でも始める事が出来るのがPiece of cakeの大きな特徴の一つだと言えます。

実際の学習の流れ

まずはPiece of cakeを始めたいと思うならメールアドレスの登録をするだけで構いません。

メールアドレスの登録をしたらメールでYouTubeのリンクを受け取る事が出来るようになるので、そのリンクからYouTubeをスキマ時間などを利用してみるだけです。

それだけで【無料体験レッスン】を文字通り完全無料で体験する事が出来るようになります。Piece of cakeで勉強する事はわずか1日30分の動画を見るだけです。

Piece of cakeでの学習内容がどういうものなのか気になる人はまずはこの無料体験レッスンから始めてみる事をお勧めします。

もし実際にやってみた上で自分には合わないとか、必要ないと感じたら辞めれば良いだけの事ですので、気軽気持ちで始めてみるというのでもいいのではないでしょうか。

返金などは可能?運営会社について

返金などは可能?運営会社について

Piece of cakeが優良なサービスであるという事についてここまで皆さんに出来る限りお伝えさせて頂きましたが、内容は良いと感じてももし運営している会社に何か問題があるとしたら始めようとは思えませんよね?

もちろん調べれば簡単にわかる事ですが、Piece of cakeの運営会社など詳細に関して皆さんにお伝えさせて頂こうかと思います。

特にPiece of cakeの学習がどういうものなのかというような内容ではありませんので、興味のない人はここは読み飛ばしてくれても構いません。

一応自分が皆さんに勧めさせて頂いているPiece of cakeというものが怪しいものではないという事だけ伝わればと思っていますので、興味がある人は是非読んでみて下さい。

詐欺などの心配は?株式会社Smile4Uについて

Piece of cakeの運営会社は「株式会社Smile4U」という会社です。

自分なりに調べてみましたので、株式会社Smile4Uの企業情報としてホームページに載ってるものをここに記載しておきます。。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

会社名:株式会社Smile4U

住所:東京都文京区根津2-20-16

運営責任者:原貴浩

電話番号:03-6284-2576

メールアドレス:tokusho@s-mile4u.com

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

まぁ、調べてみればすぐわかる事なのでわざわざ私が言う程の事ではありませんが、会社として何か問題があるようなところではありませんので、もし返金などの対応が可能かどうか気になる場合は事前にメールで問い合わせてみてはいかがでしょうか。

デイビット・セインは怪しい人?

デイビット・セインは怪しい人?

Piece of cakeの講師デイビット・セイン先生についてご紹介したいと思います。

このデイビット・セイン先生はアメリカ生まれの方で「AtoZ English英会話学校」の校長をされています。

驚くべき経歴としては、これまでに英語学習に関する本など、出版した書籍は400冊以上にものぼり、出版発行部数は累計400万部を突破してます。

証券会社勤務の後に来日し、メディアや雑誌などで大きな活躍をされています。

例えば、NHKの「NHK英語でしゃべらナイト」というテレビ番組にレギュラー出演していたり、日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞などの大手新聞社の英語記事の連載や、日本経済新聞社のアプリ、日経LissoNの監修・制作を行っていたり、2021年東京オリンピック・パラリンピックではスタッフやボランティアの人約6万人に英会話の指導をされてきました。

開発したアプリのダウンロード数は4万人ともなっており、英語学習の講師としてはまさにこの人が適任と言えるような方です。

特に、日本での活動が長いので、日本人が英語に対してどういった苦手意識をもっているのかという事も十分に理解していますし、日本で英語を学ぶとしたらこれ以上適任の方はいないんじゃないかと思います。

他にもサポートする講師はいる?

他にもサポートする講師はいる?

Piece of cakeの講師としては他にも多文化共生支援団体「Family Planet Japan」の代表も務める【原貴浩先生】の名前も挙げられます。

原貴浩先生はフロリダ州Broward collegeを首席で卒業しており、帰国後は舞台や楽曲制作等のエンタメ業界に関わりながら11年間英会話講師を務める方であり、英語関連の書籍や音声、動画コンテンツの制作編集も手がけていたり、英語講師、通訳案内士としての経験をいかしてゲストハウスを立ち上げていたりと幅広い活動をされている方です。

Piece of cakeの運営責任者も任されている方で、信頼も厚い人です。

Piece of cakeで得られるメリット

Piece of cakeで得られるメリット

Piece of cakeで英語を学ぶ事によってどういうメリットを得られるのかというと、そこには以下のような事が挙げられます。

【海外を自由に旅行できるようになる】

【字幕なしで映画が見られるようになる】

【英語がわかる事で情報源が豊富になる】

【仕事での活躍の場が広がりキャリアアップ出来る】

というようなメリットを持っています。

こうしたメリットを感じられるようになると、英語というモノがより身近に感じる事が出来るようになります。

英語が身近に感じられるという事は、英語に苦手意識を持っている日本人にとってはとても重要な事です。

他にも具体的にPiece of cakeを学ぶ上でのメリットというものもあるので、ここではそうしたメリットについてご紹介しようと思います。

難しく考えなくていい

Piece of cakeの学習のポイントとしては簡単な6つの会話パターンを身につける事なので、堅苦しい文法や英単語の暗記というような事は必要ありません。

成長も感じながら学習を進めていく事が出来るようになるので、モチベーションも保つことが出来ますし、学習する事にストレスを感じる事がなく英語力を伸ばす事が出来るようになります。

楽しく学びながら英会話が上達するっていうのはPiece of cakeのメリットと言えますよね。

時間と場所を選ばない

必要なものはスマホだけで、それ以外には場所や時間も必要としないというのがPiece of cakeの大きなメリットだと言えます。

まとまった時間を用意して英会話教室に通うというような事も必要ありませんし、自分の生活スタイルに合わせて好きな時に好きなように学べるというのも嬉しいポイントだと思います。

基礎学力は最低限でOK

Piece of cakeで英語を学習する為に必要な英語力は中学英語程度の最低限の英語力でOKです。

そんなに多くの単語を覚えている必要もなく、簡単な英単語さえ覚えてさえいれば誰でも簡単に学習し始める事が出来ます。

もちろん学習しながら基礎的な英語力も向上していくので、今の自分の英語力に不安があるっていう人でも気軽に始められるというのは魅力的ですよね。

講師陣のサポートが熱い

Piece of cakeの講師をつとめるデイビット・セイン先生も原貴浩先生も圧倒的な信頼と実績のある方です。

こうした講師がいるという事はPiece of cakeの大きな魅力ですよね。

デイビット・セイン先生は多くの書籍も出版していますし、日本での英語教育が長いので、日本人がどういう部分で英語に苦手意識をもっているのか、どういう教育をすれば英語力を伸ばせるのかという事を把握しています。

こうした講師の手厚いサポートを受ける事が出来るというのもPiece of cakeの大きなメリットです。

使える英語が身につく

Piece of cakeで学ぶ英語というのは筆記試験の為に学ぶ英語とは違って、実際にネイティブと会話する事が出来るようになるための実践的なものです。

暗記や文法という事よりも、コミュニケーションをとる為に大切な英語を学ぶ事が出来るようになるので、身につけることによって英語がより身近に感じる事が出来るようになります。

使える英語を身につける事が出来るというメリットは見逃せない所ではないでしょうか。

口コミでPiece of cakeの評判をチェック

口コミでPiece of cakeの評判をチェック

最後にPiece of cakeに関しての世間の口コミでの評判をお届けします。

実際にこのサービスを利用している人による生の声ですので、是非これから参加しようと思っている人は参考にしてみて下さい。

「嘘のようにみるみる英語力が身につきます」

たった2カ月で英語がペラペラになるなんて到底信じられませんでしたが、実際に2カ月取り組んでみてその言葉には嘘がなかったという事がわかりました。

私はもう50歳を超えているので、これから何か新しい事を学ぶという事は大変な事だろうなと長期的に考えていたのですが、いざやってみると1週間から効果を実感出来るようになり、2カ月経った頃には英語はペラペラというレベルにまで達しました。

本当におススメできるものだと思います。

「ピースオブケーキには悪評も悪い口コミもありません!」

自分は英会話を身につけたいと思った時に『Piece of cake』の存在を知る事が出来ました。

参加する前に色々と口コミを検索したりもしましたが、悪評や悪い口コミなんかも探してみようと思ったのですが、見つからなかったのでこれに決めました。

結果としてネイティブの人との会話にも何不自由ないくらいに英語が話せるようになったので、悪評がつかないという事にも納得です。

誰でも簡単に始められるような内容なので、騙されたとおもって皆さんも始めてみてはいかがでしょうか?

「デメリットを一つ上げるとすれば」

せっかく口コミを書かせて頂く事になったので、デメリットになる部分を書かせてもらうとすると、それはあまりにも簡単に始められる事が出来るので本当に自分は勉強してるのかな?という不安が生まれるという事でしょうか。

覚える事はこんな簡単な事だけなの?というくらいに6つの会話パターンというのは単純なものです。

それで本当に英会話が習得できるのかと不安になってしまいますが、続けてみればその効果を身をもって体感する事が出来るようになります。

「値段を気にする必要もないのが嬉しい」

自分は色んな英会話教室を巡ってきたのですが、無料体験レッスンを通じて、このPiece of cakeが一番いいなと感じて始める事にしました。

まだ始めて1カ月ではありますが、既に英会話のレベルは1カ月前の自分とは雲泥の差があります。

やっぱり値段を気にすることなく無料体験レッスンを受けられるというのは利用者にとってはありがたいサービスだと思います。

おわりに

おわりに

これからのグローバル時代に英語は必要不可欠なものであり、その為にどうやって英語を学ぶべきかという事のヒントにでもなればと思ってPiece of cakeの事をオススメさせて頂きました。

これは実際に私自身が体験して、本当に英語に対しての意識を変える事が出来たから皆さんにもご紹介したいと思って記事にさせて頂きました。

もちろんここでは伝えきれていない事も沢山ありますので、気になっている方は是非無料体験レッスンから始めてみて欲しいと思っています。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。